動物は、

とばを

話せない。

大事なのは飼い主さんとの問診

ペットの様子がいつもとちがう。何かがおかしい。その様な時は当院までお電話(045-904-2066)を。適切な治療のためには現在の症状をお聞きすることはもちろん、いつもの元気な時の情報も大事です。しっかりお聞きしますのでお話しください。

当院は主に犬・猫・うさぎなどのペットを診療する獣医師(院長)1名、看護師2名の動物病院です。動物の日頃の様子は私たち獣医よりも飼い主さんが良くおわかりかと思います。動物は言葉を話せません。「いつも」とどう様子が違うのか、一方で元気な状態の「いつも」はどのような感じなのかを、初診の方には特にお時間をかけて問診しております。例えばうさぎ。「うさぎの治療は一律こうすればよい」ということはありません。うさぎの数だけ接し方は異なるものです。同じように犬や猫も種類ごとにひとくくりにする事はできません。どの子もみな違うのです。大切なペットとの健康的な生活はすすきの動物病院がサポートいたします。犬・猫・うさぎなど小動物の事でしたら、最寄り駅:たまプラーザ駅・あざみ野駅・柿生駅のすすきの動物病院へご連絡ください。

 

​クリックするとカレンダーが見れます。

お知らせ

◎土日祝日の診療時間変更のお知らせ◎

2020年より時短診療をさせて頂いていましたが、2021年4月1日より

土日祝日の午後は19時までに完全に変更させていただきました。

その為うさぎさんの初診の受付は18時までとなります。

現在獣医師が院長のみのため、うさぎの初診の方がいらっしゃる場合や混雑時はお時間がかかります。

また平日は、ほぼ看護師が1名のため受付やお会計までお時間が掛かる場合や電話に出られない場合がございます。大変ご迷惑をおかけし申し訳ありませんが、あらかじめご了承ください。

うさぎの初診の方へ

うさぎさんの初めての診療はお時間がかかります。40分~1時間程。

そのため診療時間終了の1時間前まで(午前は11:00時、平日の午後は19:00時まで、土日祝日の午後は18時まで)にご来院ください。予約制ではありません。

初診の際、口腔内の検査(子ウサギ、状態の悪い子は除く)、食事内容等の確認があります。

ラビットフードや牧草のメーカー、副食等を把握して来て頂くと助かりますのでよろしくお願いします。

愛犬家のみなさまへ

フィラリア症予防
事前に(4月~5月ごろ)血液検査を行い、6月頃から蚊がいなくなった1ヶ月後の12月まで毎月1回の投薬を忘れずに行いましょう。

狂犬病ワクチン
2021年度予防接種は4月1日からです。横浜市の方は注射済票を当日発行できますので、区役所からの封書をお持ちください。お忘れの場合発行できませんのでご注意ください。麻生区の方は例年通り代行になりますので1、2ヶ月お待ちください。ワクチン接種のみは通年行っております。今年度の代行は終了しました。

 

診療内容

診察時間:午前 9:00~12:00 / 午後 16:00~ 20:00(土日祝日の午後は19時まで)
休診日:
木曜日 ※臨時休診日もございます。詳しいご案内はこちらから
診療対象:犬、猫、うさぎなどの小動物臨床
ペットホテル:あり(ご予約が必要です)
ペットホテルのご案内へ

院名:すすきの動物病院(Susukino Veterinary Hospital)
代表者:堀 雅人(ほり まさと)
住所:〒225-0021 神奈川県横浜市青葉区すすき野3-7-3

※住所をクリックするとグーグルマップが開きます
Tel:045-904-2066
​Fax:045-904-2096
動物取扱業登録番号:82-069
登録年月日:平成19年4月17日
有効期限:平成34年4月16日

 

アクセス

●お車の場合:
東名高速道路「川崎インターチェンジ」「青葉インターチェンジ」から約15分

●電車の場合:
東急田園都市線「あざみ野駅」下車
西口バスターミナル3番乗り場「すすき野団地行」→「すすき野団地」下車
※バス乗車時間は約15分。5~10分間隔で出発しております。


東急田園都市線「たまプラーザ」
北口バスターミナル3番乗り場「虹ヶ丘営業所行き」→「すすき野団地」下車
※バス乗車時間は約15分。5~10分間隔で出発しており
ます。

●小田急小田原線「柿生駅」
南口改札を出て直進、お食事処「とん鈴」の看板をくぐった先にバスターミナルがございます。
2番乗り場「すすき野団地行き」→終点「すすき野団地」下車
※所要時間約15分です。2017年6月1日のダイヤ改正により
午後の数本しか無くなってしまいましたのでお調べの上ご来院ください。

「すすき野団地」バス停は坂の途中にあります。この坂を下り最初の信号を右に曲がってください。

約50m先左に当院がございます。

 

●手術室

ガス麻酔

バイタルモニター(フクダME)

高圧蒸気滅菌機

ガス滅菌機

​超音波スケーラー/マイクロエンジン

●診察室

●レントゲン室

東芝製コンデンサ型レントゲン撮影装置

​※現在はVPX40に変更。富士FCR。

 

病院設備

●検査スペース

血液検査(IDEXX QBC AutoReader)

生化学検査(IDEXX VETTEST8008)

電解質測定(FUJI Dry Chem)

ウイルス検査(一部検査センター依頼)

超音波画像診断装置

●入院室

入院総数15室(大6、中6、小3)

超大型犬などは大2つ分使用

​輸液ポンプ4台

休診日
※「看護師休」と記入のある日は看護師が一人のため、お電話になかなか出られないことや受付やお会計までお時間がかかることがあります。大変ご迷惑をお掛けし申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。